徒然草はてな視点

ぐだぐだと書いています、たまーにお金になるヒントも含まれています、ためになると思ったら報酬いただけるとうれしいです。

今は姿を消したMDは成功なのか失敗なのか

av.watch.impress.co.jp
MDが発売されたのが92年ということらしい、
バブルの終わりごろでまだバブルだった頃、
感じとしてはもっと古いと思ってたけどそうでもないらしい、
MDが発売されて2019年で27年今でも入手が不可能ではないが
ぼぼ消えているしソニーはすでに足を洗っている。

MDはデジタルを持ち運べる画期的な商品であった、
その後96年にはリブレットが発売されて、
ミニノートパソコンブームが始まり
デジタル音楽はHDDに入れる時代が始まった、
ソニーもメモリステックに手を付けたが、
世の中はインターネット時代に突入して、
音楽は買うものから無料でダウンロード時代に入った、
この流れに必死に対抗した結果ソニーは結果ポータブルミュージック
から足を洗うことになる。

しかしMDが失敗かというとそんなことは無い、
我が家には捨てたと思っていたMDが残っており、
改めて買ったMD機器が有り、そこから聞こえる音楽は
まさしくMDらしい元気な音が出る。

レコードは論外としてカセットテープと比較されるが、
ミュージシャンが単品で発売した最後がたぶんMDだと思う、
それ以後はCDがdownloadかストリーミングに変わった、
相変わらずフリーミュージックは存在はしてるがすでに死にたいだ、

MDはそんなデジタルとアナログとの過渡期製品ではあるが
その存在は人々に変化をもたらし、もしかしたらカセットよりも
記憶に残らないかもしれないが役割は十分にあったのではないかと考える

残念なのはMDからSDなどに移行できなかったソニーという企業の戦略が
失敗だったかもしれいなが、ポータブルミュージックしては存在感は
十分にあったと評価できるだろう、つまり成功だったということ。
ソニーの対応は失敗だろうけど。