徒然草はてな視点

ぐだぐだと書いています、たまーにお金になるヒントも含まれています、ためになると思ったら報酬いただけるとうれしいです。

敗戦を決められなかった日本と、利権屋を壊せない今の日本はに似ているのかも

NHKスペシャル|終戦なぜ早く決められなかったのか
表示できません - Yahoo!ニュース
人間というのは気づくためには何よりも欲求を与え続ける事がひとつらしい、
日本は第二次世界大戦で何度かの敗戦を決める事できたチャンスがあったらしい、
しかし軍部は有利に敗戦したいがため、
ロシアが参戦するという情報を5月に持っていたのに無視した。
無視というよりも握りつぶし教えなかった。
この日本人の行動は今も昔も同じで、
困難な状況で何をしなければならないのかわかっているのに、
行動しない日本の利権屋が痛い目にあうまで続くのかもしれない。
日本がしなければならないのはTPPへの参加かもしれないと思う。
つまり極度な日本の利権屋を守るのをやめる政策に方向変換しないといけないだろう。
第二次世界大戦時にチャーチルイギリス首相が日本に進言した、
アメリカが戦争しかけるように仕向けるぞ、
日本に勝ち目は無い、だから危険な行動はやめろと、
それを無視した日本は客観的な志向が無さ過ぎると思う。