徒然草はてな視点

ぐだぐだと書いています、たまーにお金になるヒントも含まれています、ためになると思ったら報酬いただけるとうれしいです。

子供が走り回りうるさいのに誰も注意しない、もう二度とあべのHOOPの無印良品には行かないだろう

痛いニュース(ノ∀`) : 【コラム】 「店内を走る子供を怒鳴る無印良品の店員、良品計画はこの社員に基礎から研修を受けさせるべき」…広報アドバイザー・南充浩 - ライブドアブログ

先日、驚いたことがあった。あえて店名を書くが、あべのHOOPの無印良品で、セール品を物色していた時のことだ。8月に底値にまで下がった夏物を購入して、10月末まで夏物で過ごす。関西は10月半ばまでは25度以上の夏日が続く。昨年は10月末まで夏日が続いていた。だから筆者は10月下旬まで夏服ですごしている。我ながら衣料品業界関係者とは思えないダサさである。

「まだ50%オフか〜、もう少し値下がりするのを待とう」とぼんやり考えて値札を見比べていたら、突然子供がぶつかって来た、回りを見ると親らしい人は見当たらない、うるさいなと思い無視していると、また子供が走り回った。店員はいないのかと店を見渡しら、20代後半〜30代前半くらいの男性がいたが、その男性の着用していたシャツは無印良品のチェックシャツなので、店員に見えたのだが、まさか店員が子供の安全の為に注意しないでいるはずが無いと思っていたが、

特に子供達の走り回る様子に、危険を感じないのかまったく無関心を装っていた、だから最初は、たまたま無印良品の服を着たお父さんか親戚のオジサンかと思った。
しかし、名札を首からぶら下げていたから店員である。これにはさすがに唖然とした。

いくら子供を怒鳴るとブログ投稿さると思っていても、子供が目の前を店内を走り回る姿は危険決まり無いのに、注意しないのははおかしい。
個人的には、この店員は怒鳴ると私がブログに書く事を知っているのか、子供らが走り回るのを見て見ぬフリをしていた、
この店員が、たまたま子供は走るもの騒ぐ物と思っていたのかも知れないが、他の客の安全や快適な店舗を提供する事に対しては、これは接客業としては失格である。
良品計画はもう一度この店員に基礎から研修を受け直させるべきだろう。

ということですねわかります。