徒然草はてな視点

ぐだぐだと書いています、たまーにお金になるヒントも含まれています、ためになると思ったら報酬いただけるとうれしいです。

いまだにCPUの載せ換えしてくれるのか

maxuscomputer.com
Libretto20とか50とかM3とかはCPUが基盤に直付けされているので、
CPUアップしたいときは、通常はベースクロックアップで対応する。
するとLibretto50がPen75から100Mhzとか150Mhzとかになる。
それだとCPU本体や発熱で結構熱暴走したりする。
そこで半田こてを握りしめてCPUの交換となる。
元々の基盤の関係で載せられるCPUに限界があるのか、
Libretto50〜70まではMMX200Mhzまで(オイラが入手したLib50がこれ)
LibrettoM3はMMX233まで出来るらしい。
交換費が一万円とはかなりリーズナブルだなと思った。
一番おいしいのはLibretto50の改造だろうね。
なんといっても無印のPentuam75がMMX200になるのだからね。
一番おいしくないのは70かM3かも知れない。
特にM3は元々ff1000系の設計らしいので、MMX266でも動くCPUが乗っているらしい。
だからクロックアップでMMX300でも安定動作するらしい。
あくまでもネットで読んだだけなので真実はわからない。
まあそれだけLibrettoは人気機種なんだろうね。
確かに今触ってもわくわくするな、このちいささとかね。
ネットブックは元々性能がいいので、触るところが無いのも
制限のあるLibrettoでアウトローするのがいいみたいな感じかな?
その流れでNokiaとかのスマートフォンに流れていなくもないね。
ただ、こちらはソフトの改造のみですけどねw