徒然草はてな視点

ぐだぐだと書いています、たまーにお金になるヒントも含まれています、ためになると思ったら報酬いただけるとうれしいです。

私がインターネットと言う言葉を最初に聞いたのが、
95年頃、テレビのニュースで聞いた。

何の事やらわからなかった。

インターネットを実際に触ったのが、96年の春にバイトのパソコンショップで触った。

やり方がわからずにのめりこまなかった。

そんなわけでバイトは一ヶ月ほどで終了した。
本格的に触るようになったのが、インターネット会社に就職してからだった。
個人の勉強の為に買った本がインターネットマガジンである。

http://i.impressrd.jp/bn

確か、当時はインターネット関連の本が複数でていたはず。
インターネットASCIIとかもあったかも?
いろいろと調べた結果、インターネットマガジンが一番面白かったので、
これを数年買い続けた。

その当時の内容が今pdfで読める、インターネットは良くわからないが、面白そうでわくわくした時の感情が戻ってくる。

よくそんなわくわくした時代に思いをはせて、戻りたいと思うのが常だと思うが、ことインターネットに関しては当時に戻りたいとは思わない。

確かに規制が殆ど無かった当時だから今よりも好きな事が出来たはずだが、
戻ってしまうと、パソコンの性能もインターネットの回線スピードも戻ってしまう。そんな時代には戻りたくないのである。

まあ、あの時代に戻ってyahooや楽天の二番煎じを行おうと考えなくも無いが、今出来ない事は過去も出来ないのでそんな思いはやめておく。

そんな当時の思い出を公開してくるのインターネットマガジンには絶賛に値すると思われる。これを機にいろいろな出版社が出してくれるといいな思います。